电镀法

电镀法补坑怎么做

弊社のコンセプトである
「現場主義的ソリューション」を大切にし、
クライアントはもちろん、社内でも
常に現場で必要とされる事に
新しいアイディアを持ち、ワクワクした思いで
提案できる企業であり続ける。

电镀法沉积薄膜的原理

誠実とは全ての人と誠意を持って、真摯にコミュニケーションをする企業

获得单金属镀层的电镀法

痛快とは楽しい思いと共に提案する企業

电镀法的优缺点

成長とは古い殻を脱ぎ捨てることにより新しい風、つまり新しいアイディアを生む企業

电镀法的优缺点

現場主義的ソリューション

お客様の経営戦略にもアプローチするモノ作り

当社が設立時から貫いてきた企業コンセプトとは「現場主義的ソリューション」。徹底的に現場を分析し、現場に即した業務用システムの構築です。しかし、当社の掲げる「現場主義的ソリューション」とはただ現場に合わせたものではありません。現状を分析し、その現場の効率や品質をもっとも高めるように業務フローの見直しまで含めて、ソリューションをご提案します。業務用システムと言えば、あらゆる企業の多様な業務に対応できるよう、汎用性の高いパッケージソフトが市場の主流となっています。しかし、すべての企業や現場においてその現状は異なるでしょう。その為、せっかくシステムを導入されても現場に見事に合致するシステムは少なく、無駄な作業や時間、人にコストを費やす結果に陥るケースが散見されます。そんな状況を問題視し、お客様に満足していただくモノづくりを実践すべきと私たちが掲げたのが「現場主義的ソリューション」です。

まずは、実際の「物、情報、それらを動かす人」の現状や業務の流れを、ヒアリングや視察を通して事細かに洗い出し、要望点や潜在的な課題までもを抽出。次に、お客様とご協議を重ね、もっとも効率と品質のバランスの良い理想的な業務フローを再構築し、システムの提案を行います。そして、業務の効率化、コスト削減、作業品質のアップなど、目に見えるわかりやすい効果を最大限に創出していきます。さらに、お客様には、”目に見えない効果”も実感していただけると考えています。そのために私たちは、経営資源として活用できる情報を提供することにも力を注いでいます。例えば、物流現場などでは、過去のデータ分析に基づき、品切れや過剰在庫を防ぐ在庫管理や、スピーディな納期でお客様の信頼を勝ち取り業績アップに繋がるといった経営メリットを生みだします。また店舗では、販売情報や顧客データを分析する事などで、顧客マーケティングを可能にします。

このように、経営戦略にまでアプローチできるシステム提供が私たちの理想です。その実現には、お客様からの信頼を受け、共に創り上げていくことが不可欠。私たちのロゴは、お客様と手を握り合っている姿をモチーフに描いたものです。それこそが、本当に満足していただける商品を提供できる最短の道と確信しています。